ビールが苦いなら、苦味は消してしまおう。簡単にできる苦味解消方法とは?

「ビール飲みたいけど苦い…」
「ビールの苦味さえなければ飲みたいけど…」

こういった方もいらっしゃいますよね。

 

ホップという成分が、そもそも苦味を含んでいるからです。

ホップ

ビアソムリエを取得した私でも、苦味を感じる時はあります。

なので、ビールは苦いもの。です。

 

ですが色々と、

この苦味を抑える方法はあります。

 

本記事では、

ビールの苦味が嫌いで全然飲めなくても、

美味しく飲めるようになるアレンジ方法を紹介していきます。

具体的には、

●ビールの苦味と相性のいい飲み物

●ビールの苦味をシチュエーションで緩和

●ビールが苦くならない注ぎ方のコツ

このページを読めば、

これらが理解できるようになります。

そして、

どれも簡単なので、今からでもできるものばかりです。

 

無理やりじゃなくて、

おいしく飲めると飲み会や付き合いが

本当に楽しくなるので、

ぜひ試してみてください!

 

ビールの苦味を飲み物で打ち消すアレンジ法

ビール

それでは、実際に私が試した方法をご紹介します。

まず試したことは、

他の飲み物と混ぜてみるアレンジです。

 

最初は、「苦いなら砂糖を入れてみる」

という感じでできるだけ、

苦くならないような組み合わせを考えました。

 

色々試して当たりはずれがあった中、

ここでは特によかった3種類を紹介していきます。

 

何か混ぜてみようかなと考えている人は、

まずここから試してみてください。

 

サイダーやコーラを混ぜてみる

あたりの一つがサイダーやコーラです。

コーラの甘い味がビールの苦味を、

いい感じに消してくれるんですよ!

 

コーラ自体にも炭酸があるので、

ビールの泡やホップを邪魔することなく

自然になじみます。

 

価格が安く誰でもどこでも手に入れられるところも良くて、

普通にコーラを買うついでに

ビールもセットで、ということをよくやっていました。

 

コーラが好きな人は、

是非やってみて欲しい組み合わせです。

 

お酒っぽさを残したいならカクテル系

お酒らしさを失いたくないなら、

甘いカクテルがオススメです。

 

カシスオレンジ、ジンジャーエールなど。

コーラはアルコールが入ってないので、

ビールと1:1で割ると、

どうしても薄まっちゃうんですよね。

 

酔いにくくなるので、

それが嫌という人は

同じ度数かそれ以上のカクテルがベストです。

 

カクテルは値段が高く、

少し手に入りにくいのがネックです。

なので、チューハイでもいいでしょう。

 

氷結やストロングゼロのフルーツ味なら、

自然になじむと思いますよ。

 

マイルドになる牛乳もオススメ

そして最後が牛乳を混ぜるアレンジです。

牛乳自体には甘さはないんですが、

混ぜると苦味をすごいマイルドにしてくれる効果があります。

 

ブラックコーヒーでも牛乳を混ぜるだけで

一気に飲みやすくなりますよね。

 

この原理はビールも同じで、

混ぜるだけでかなり飲みやすくなります。

 

あまり見ない組み合わせですが

家に牛乳がある人は、

少量からでいいのでぜひやってみてください。

 

ビールを飲むシチュエーションをアレンジ

ビールで乾杯

ビールの苦さはシチュエーションでも変わってきます。

嘘みたいに聞こえるかもしれませんが、

実際にそういう声がいくつもあるんですよね。

 

その中で「苦さを克服した人によく見るケース」

を紹介していきます。

 

お店で生ビールを飲む

まずは家じゃなくて、

外出先でビールを飲むことです。

 

「開放的な空間」「いつもと違う空気」「楽しい雰囲気」

こういうことに騙されて

苦味を感じなくなることがあるんです。

 

外出先としては、

居酒屋、ビアガーデン、友達の家、

このあたりでしょうか。

 

ワイワイ盛り上がってる中で

ビールを注文できる状況なら、

勇気をもってチャレンジしてみてください。

 

ヘトヘトに疲れた一発目のビールを飲む

次は、

疲れてる状態でビールを飲む

というものです。

 

水分が足りない、疲れがたまってる、

こういう時に飲む冷たく炭酸のあるものって

美味しいですよね。

 

体が脳を騙して1回でも美味しいかも!

と認識すれば、

その後もかなり楽に飲めるようになっていくはずです。

 

仕事や勉強をしてる人は

疲れ切った時の一発目を、

水やコーラじゃなくて

ビールに変えて挑戦してみましょう。

 

外で散歩しながら飲んでみる

シチュエーションという点では、

飲み歩きもかなり有効です。

 

日本はお酒を飲みながら歩いても合法なので、

こういうことが出来ちゃいます。

 

「夜の公園や祭りの中」「商店街で食べ歩き」

自分がリラックスできる状況に

ビールをプラスするようにしてみましょう。

 

ビールの飲み方、注ぎ方をアレンジ

ビールの注ぎ方

ビールの苦味とはあまり関係がないように思えますが、

実は飲み方や注ぎ方は、かなり大事な要素。

 

ここを意識するかしないかで

苦味は大きく変わってきます。

 

それでは、苦味を軽減する飲み方と注ぎ方を

それぞれ1つずつ紹介していきます。

 

ビール1つですぐ試せるので

ぜひやってみてくださいね。

 

ビールを飲むときはグラスに注ぐべし!

ビールを飲む時に、

缶から直接飲んでる人は

グラスやジョッキに入れるようにしましょう。

 

ビールはその飲み口が狭いと

苦味や風味をより感じやすくなるんです。

 

なので口の大きいジョッキ、

さらにフルーツビールなどを使うと

かなりまろやかになってきます。

 

少しめんどくさいですが、

騙されたと思って一度試してみてください。

 

ジョッキで飲むと、

雰囲気も出るので楽しいですよ。

 

泡をきめ細かくすると苦くない

次は注ぐときに、

できるだけ泡をきめ細かくすることです。

 

ビールの泡というのは、

見た目がいいだけじゃなく、

しっかり意味があります。

 

その一つが「苦み成分の吸着」

 

泡が苦さをしっかりキャッチしてくれるわけです。

 

泡ごと飲めば苦いですが、

避けて飲むようにすれば

苦味だけ消えた美味しいビールが

飲めるようになっていますよ。

 

泡をきめ細かくする注ぎ方

泡をきめ細かくするためには、

三段階注ぎという技が有効です。

 

1回注いでしばらく待ち、
泡が引いたところで、もう一度注ぐ。
その泡が引いたところで、3回目注ぐ。

三段階注ぎをやると、

すぐにはじける大きな泡だけ消えて

細かい泡のみが残るようになります。

 

難しい注ぎ方じゃないので

ぜひやってみてください。

 

ビールの苦味を消すことで、ビールをさらに楽しもう!

アレンジにトライ

それでは、

ビールの苦味を消す方法のまとめです。

 

●コーラやカクテルと割って飲む

●生ビールを居酒屋やビアガーデンで飲む

●泡を大きく立たせる

●飲み口の広いグラスに変える

ここまでのことをまとめるとこうなります。

誰でもできることばかりだと思うので、

すぐにでもチャレンジしてほしいなと思います。

 

チャレンジする際のビールは、

苦味がビールの中でも平均的なものがいいでしょう。

オススメはアサヒスーパードライです。

 

また、飲み口の広いグラスに注ぐ「フルーツビール」は、

かなりどの銘柄でもおすすめ。

Amazon・楽天で売っているような

フルーツビール飲み比べセットなら、

人気商品なので間違いないでしょう。

 

どこでも売っていてほぼ平均の苦味なので、

どれだけ克服できたかを見極めるにはピッタリですよ。

ぜひ試してみてくださいね。